徹底比較!スマホ保険ランキング

スマホ保険ではバッテリー交換できません|みんなの勘違いを一挙公開

「スマホ保険への加入を検討しています。

画面の破損や水没の修理代を保証してくれると聞きました。

故障や破損も心配ですが、スマホのバッテリーの低下も心配です。

スマホ保険でバッテリー交換も保証してくれるんですか?」

保険料の安さや補償内容の充実さでスマホ保険への加入を検討している人は多いと思います。

しかし、補償内容をしっかりと理解しておらず、いざというときに補償金が支払われなかったというケースも少なくありません。

今回は、スマホ保険選びで失敗しないためにスマホ保険で多くの人が勘違いしてしまうことをまとめてみました。

結論、スマホ保険ではバッテリー交換は保証してくれません。

このほか、スマホ保険加入前に知っておいた方がよい勘違いについて一挙公開していきます。

目次

スマホ保険ではバッテリー交換できません

スマホ保険ではバッテリー交換できません

スマホ保険に対する勘違いで最も多いのが、「スマホ保険でバッテリー交換は保証してくれますか?」です。

残念ながら、その答えはNOです。

スマホ保険はバッテリー交換の補償はしてくれません。

スマホのバッテリーは消耗品で、おもちゃでいうところの乾電池と同じです。

スマホ保険はスマホ自体の故障や破損の補償はしてくれますが、消耗品の劣化は保証してくれません。

クラベル

おもちゃを購入するときに保証に入ったからと言って、切れた乾電池の交換を無料でお願いすることはできませんよね。

バッテリーを交換してくれる保証サービス

スマホ保険通信キャリアAppleCare+
×
バッテリー交換への対応

とはいえ、バッテリー交換に対応しているスマホの保証も存在します。

ドコモやauなどの通信キャリアのスマホ保証や、「AppleCare+」はバッテリー交換にも対応しています。

スマホ保険に料金や補償内容の点で魅力を感じても、「バッテリーの交換は絶対に保証してほしい!!」と思っている人は、やはり加入すべきではありません。

一言にスマホ保険といっても、各社から様々なサービスが提供されています。

クラベル

自分にはどんな補償が必要で、どこを選べばいいのかしっかり検討したいですね。

スマホ保険みんなの勘違いを一挙紹介

スマホ保険みんなの勘違いを一挙紹介

スマホ保険にはバッテリー交換以外にも、補償内容やサービスについて勘違いをしている人はたくさんいます。

ここでは、多くの人がスマホ保険に抱いている勘違いや注意点を一挙公開していきます。

実際に事故やトラブルが起きてから「そんなこと知らなかった!!」とならないために、しっかりと理解しておきましょう。

  1. 盗難・紛失は補償金額が減額
  2. 加入条件に制限あり
  3. オークションサイトや譲渡品は対象外
  4. 国外トラブルは対象外
  5. データ復旧には非対応

①盗難・紛失は補償金額が減額

モバイル保険Mysuranceスマホの保険証
故障・水没10万円10万円10万円
盗難2.5万円補償金額の50%補償金額の50%
紛失× 補償金額の50% 補償金額の50%
盗難・紛失への対応

スマホ保険は盗難・紛失へのトラブルにも対応しています。

ただし、盗難・紛失の際は補償金額が減額されてしまうということを覚えておきましょう。

一般的な故障や水没の場合、補償金額は「10万円」としているところがほとんどです。

いっぽう盗難・紛失の場合は、補償金額が減額されてしまいます。

「モバイル保険」に関しては、盗難は補償してくれますが紛失には対応していないのでさらに注意が必要です。

クラベル

盗難・紛失が心配という人は、スマホ保険選びの際に補償内容を十分に比較しておく必要がありますね。

②加入条件に制限あり

モバイル保険Mysuranceスマホの保険証
端末購入から
1年以内
格安SIMを利用していること
技適マークが必要
機種発売から
5年以内
加入条件

キャリアのスマホ保証やAppleCare+は端末購入時しか加入できなかったり、中古スマホは対象外だったりします。

スマホ保険は通信キャリアのスマホ保証やAppleCara+と比べて加入のハードルが低いのが魅力のひとつです。

しかし、いくら加入条件が低いといっても、提供するサービスによって独自の条件を定めているところがあります。

せっかく気になるスマホ保険が見つかっても、条件を満足していなければ加入できません。

端末の購入日に制限があったり、利用している通信キャリアに制限があったり、サービスによってまちまちです。

スマホであれば、どんなスマホ保険にも加入できるわけではないので注意しましょう。

まずは加入条件をしっかり確認して、スマホ保険選びをしてみてください。

③オークションサイトや譲渡品は対象外

モバイル保険Mysuranceスマホの保険証
××
オークションサイト・譲渡品

通信キャリアのスマホ保証やAppleCare+は端末の購入時しか補償に加入できないため、中古スマホは保証できません。

スマホ保険は中古スマホでも加入できるのが大きな魅力です。

ただし、いくら中古スマホが補償できるとは言え、どんな機種でもいいというわけではありません。

購入した中古販売店の保証が付いていることを加入の条件としているところもあります。

特にヤフオクやメリカリなどオークションサイトから購入した場合や、家族・友人からの譲渡品はほとんどのスマホ保険が保証をしてくれません。

中古スマホを保証してもらいたいと考えている人は、購入したお店や相手によって加入できるスマホ保険が限定されてしまうので注意しましょう。

④国外トラブルは対象外

モバイル保険Mysuranceスマホの保険証
×
国外トラブル

海外旅行や海外出張時にスマホのトラブルに遭遇する人も少なくないでしょう。

特に海外ではスリや置き引き被害が多く、荷物と一緒にスマホの盗難にあう可能性も十分にあります。

盗難に対応したスマホ保険に入っていると安心していたら、国外のトラブルには対応していないということもあります。

仕事やプライベートで海外へ出かけることが多い人は、国外でのトラブルにもしっかり対応しているスマホ保険を選ぶようにしましょう。

⑤データ復旧には非対応

モバイル保険Mysuranceスマホの保険証
×
データ復旧の対応

スマホの修理代で最も費用が大きくなるのがデータの復旧作業です。

修理を依頼する端末によっては、10万円近い修理代がかかることもあります。

クラベル

高額な修理代だからこそ、スマホ保険に補償してもらいたいトラブルです。

しかし、データ復旧が補償対象外になっているスマホ保険もあります。

大切な写真やデータをスマホに保管している人は、万が一のためにデータ復旧までを補償対象としているスマホ保険を選ぶようにしましょう。

まとめ

今回はスマホ保険への勘違いをまとめました。

スマホ保険を保険料と補償金額だけで選んでしまうと、肝心なトラブル時に補償を受け取れないといったことになりかねません。

スマホ保険の補償内容をしっかり比較して、自分が必要な補償が得られるのか確認しましょう。

スマホ保険の補償内容について、詳しく比較したい人は、こちらの記事で紹介しています。

あなたにぴったりのスマホ保険を、見つけてみてください。

関連記事:スマホ保険を徹底比較|日本でいちばん詳しくスマホ保険を比べてみる

クラベル
比較検討士
比較する人。「調べものが好き」あるいは「時間を惜しまない」言い換えると「ただの暇人」。【時間をかけて、コストをカット】がモットー。非効率の極み。今日もどこかで誰かのサービスを比較してほくそ笑んでいる。買いもしないのに契約約款にまで目を通すバカ。kuraberu_hikaku
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる